晴-haru-公式HP 誕生数秘学 誕生日占い 未来マッピング 人生相談 

相手にみえたものは、いつかの自分。

相手にみえたものは、いつかの自分。

夕焼けdai

晴がいつも戒めのように活用している概念のひとつに、
相手から与えられた事柄は、じぶんも既に(他の)誰かに差し出している、ということです。

まったく同じものという意味ではないですよ。
カタチは違えど、同じエネルギーの等価交換という意味です。

これは、目に見えるものに限りません。

目に見えないもの、例えば、喜び、哀しみ、驚き、悔しさ、怒り、などなど、あなたが差し出したエネルギーは、世界に放たれます。

あなたの反応、相手の反応が、目に見えない世界の本棚の本に、書き込まれていきます。(これはイメージの話です。)

もし表現されない場合は、本に書き込みたいので、
表現しなさい、放出しなさい、と続きを促される出来事が生じます。(あくまで、イメージの話です。)

エネルギーが放出されず臨界点に達すると、目に見えるものとして現れます。

それが、目の前の誰かです。

ご丁寧に、あなたが表現しないものを、かわりに表現してみせてくれます。
まるでお手本のように。

さて。

それをみたあなたは、なにを感じるでしょうか。


相手が与えてくれたものは、
かつてのあなたの中に、似たようなものとして存在し、誰かに与えていました。

ちょっとわかりにくい表現ですね・・・。

いまのあなたに心当たりがなければ、
もしかしたら、誰かに与えていたのは、今生のあなたではなく、
来世や過去世のあなたかもしれません。

もしくは、「からだの細胞の記憶」にのこっているご先祖からつたわってきたエネルギーかもしれません。

あなたが感じたことに蓋をせずみつめ続けることができたら、エネルギーは解放され、
つぎの新たな展開(行動)を見いだすことになるでしょう。

さて。

あなたは、どんな行動をしたいのでしょうか。

相手から感じた事柄から、じぶんの中を考察してみると、面白い発見があるかもしれません。

マッピングができるかたは、まわりに起きている出来事から、「この出来事はじぶんになにを伝えているのだろう。」と、メッセージをひろってみましょう。

カードが扱えるかたは、カードに質問してみましょう。

きっと、「出来事」と「じぶん」との間に、大事なつながりを感じると思いますよ。

明日は、冬至ですね。
かぼちゃを食べて、ゆず湯にはいって、心地いい時間をつくりましょう。
こちらの記事も、よかったらご参考ください。→年間計画表に予定をいれましょう。

2014/12/21
晴-haru-

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional