晴-haru-公式HP 誕生数秘学 誕生日占い 未来マッピング 人生相談 

心地悪い、心地いいとは。

心地悪い、心地いいとは。

風船

わたしたちは、日頃から、「いい」「悪い」を感じています。

目に見えるものではありません。感じるものです。

それがじぶんで在る、ということです。

その感性は、世界であなただけ。

間違いはありません。常にあなたひとりが感じています。

ほかに、その感性を表現できるひとは、いません。

人類の代表で、あなたがその感性を表現することをまかされました。

ですから、とことん味わいましょう。

感情は、あなたがあなたであるためのツールです。

そして、身近にいるひとと、いつもシェアしています。
それは、しようとしてなるものではなく、自然に、です。

たとえば、あなたがシーソーの片側にすわっています。
ひとりで座っていたら、ずっとシーソーは傾いたままです。

シーソーを楽しもうと思ったら、向こう側に誰かが乗らないとはじまりません。

あなたはお願いして、ご家族の誰かに乗ってもらいます。
そのひとは、あなたと常に対の存在です。

あなたが上にあがれば、そのひとは下に下がります。
あなたが、下に下がれば、そのひとは上にあがります。

あなたが仕事で忙しくなると、お子さんが熱を出したり、
あなたが楽しみにしている予定の朝に、いらぬ予定が飛び込んできたり。

シーソーのよう。

そうならない方法があります。

あなたが、下がりすぎたりあがりすぎたりしなければいいのです。

シーソーでいえば、中央によってみましょう。

相手も、遠いところからあなたを右往左往させるのではなく、近くに来ざるを得なくなります。
お互いにあがったりさがったりしなくなります。

つまり、「一緒にいる」ということなんです。
これって、単純だけど、凄い効果なんですよね。

あなたの大事なひとと、忙しくてついないがしろにしてしまいがちの相手と、一緒に居る日をつくってみましょう。

一緒にいるのが難しければ、電話をしたりメールをしたり手紙を書いたりしてみましょう。

一緒にいる時間を意識してつくると、
極端なあがりさがりが減っていきますよ。

もちろん、あがりさがりが悪いわけではありません。
これは、嗜好の違いなだけです。

あなたは、どんな状態を好みますか?

すべてはあなた次第です。

2014/12/12

晴-haru-

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional